カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • 角栓や黒ずみ対策にもいい!ライスブランオイル?
角栓や黒ずみ対策にもいい!
ライスブランオイル




ライスブランオイルは、オイル特有のベタつき感が少なく、サラサラしているのが特徴です。
その他、肌にとって嬉しい変化が期待できるため、美容オイルとしてもよく使用されています。


PARTIEのリッチモイストクレンジングオイルはそんなライスブランオイルをメインオイルとしたアイテムになっています。
オイルクレンジングの良し悪しは、メインのオイルが鍵を握っています。




今回は、ライスブランオイルについて詳しくご紹介致します。



 

高い抗酸化力


1つ目はなんといっても高い抗酸化力があるオイルだということです。
腐ってしまうオイルも多い中、ライスブランオイル自体がしっかり高い抗酸化力を持っているので安心してスキンケアアイテムとして使用できます。


なぜ、高い抗酸化力があるのかというと「トコフェロール」と「トコトリエノール」がライスブランオイルには含まれているからです。




"若返りのビタミン"とも言われているトコフェロール 、トコトリエノールが豊富に含まれているライスブランオイルは、老化の原因となる活性酸素を除去するだけでなく、肌表面の角栓や黒ずみなどを抑えてくれる働きもあります。



毛穴悩みは特にクレンジングや洗顔によってのケアで変化がでてくる肌悩みでもあるので、毎日使うクレンジングアイテムこそ、このような働きのある成分がメインに配合されているのは嬉しいですね。




 

γ-オリザノール


γ-オリザノールはポリフェノールの一種です。こちらも、ライスブランオイルに含まれている成分です。



肌の乾燥や荒れを防ぐような作用があります。




 

オイルの組成


オイルにはそれぞれ特徴があります。
オイルには遊離脂肪酸というものが含まれていて、その組成を見ても大きな特徴があることがわかります。


パルミチン酸やステアリン酸は、飽和脂肪酸と呼ばれ、酸化しにくい性質があります。
オレイン酸やリノール酸は、不飽和脂肪酸と呼ばています。

一般的に不飽和脂肪酸は酸化しやすい性質があります。オレイン酸は不飽和脂肪酸の中では酸化はしにくいですが、飽和脂肪酸と比べるとやはり酸化はしやすいでしょう。




これら、脂肪酸が酸化をすると過酸化脂質となりニキビの原因になることがあります。よって、酸化しやすいオイルを使用してニキビが増えてしまうということもあります。






オイルを使ってニキビが増えるかどうかは、このオイルの酸化のしやすさがどうかということも関わってきているのです。



オリーブ油や、椿油はオレイン酸が豊富に含まれているので肌馴染みもよく使いやすいのですが、不飽和脂肪酸の中では酸化しにくいと言われているオレイン酸が多く含まれています。
ニキビができやすい方が使用する場合や、アイテムの使用期限などは気にした方がよいでしょう。




ライスブランオイル(米ぬか油)は、オイル自体にビタミンEが豊富に含まれている為、酸化がしにくいオイルなのですが遊離脂肪酸の組成を見ても不飽和脂肪酸が多く含まれている訳でもありません。

また、オイルの中でも皮脂と組成が似ている(採取場所や人によって比率は若干異なります。)ことから、肌に乗せたときにも違和感なく使用感がとてもいいのが特徴です。






<PARTIE  リッチモイストクレンジングオイル>




ライスブランオイルには、沢山の魅力がありましたね。
毎日使うアイテムだからこそ、肌のことを考えたアイテムを使用するようにしましょう。