カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • リッチモイストクレンジングオイルをより効果的に使う方法
リッチモイストクレンジングオイルを
より効果的に使う方法





PARTIEから1月20日に発売されたリッチモイストクレンジングオイル。






発売開始から約3ヶ月経ちましたが、誠にありがたいことに多くの方にご使用いただき、嬉しいお言葉もいただいております。



クレンジングを変えることで、肌が安定してくるなんて思っていませんでした!
オイルクレンシングのイメージが変わりました!
ニキビができにくくなりました!



などお声をいただき、クレンジングを美肌ケアにお役立ていただいております。





そこで今回は、皆さまから寄せられたお声を元に、「よりPARTIEのリッチモイストクレンジングオイルを使う方法」を一挙まとめてご紹介致します。




 

素早く綺麗に落とすコツ




PARTIE リッチモイストクレンジングオイルは、さらっとしたオイルが特徴で伸びもよくメイクにもすっと馴染みます。
しっかり馴染ませ、乳化した後に洗い流すと綺麗にメイクが落ちています。




しかし人それぞれ、メイクアイテムや方法が違うので落としにくいなと感じる場所もあるかと思います。



中でも、目元のキワは落としにくいポイントです。
しかし、落とそうとゴシゴシこすってしまうのはNG。






少し多めにオイルをとって、2、3本の指をそろえて、指の腹で優しくプッシュするように目頭側から目尻側にゆっくりスライドさせましょう。
また、マスカラが落としにくい場合も、指の腹で軽く抑えるようにまつ毛にしっかりオイルを浸透させ、下にゆっくりスライドさせます。




この時に、ささっと行なってしまうと無意識に摩擦による刺激を加えてしまうことになります。
目元の皮膚は薄いので、刺激を加えると色素沈着の原因にもなります。
極力こすらず、すばやく落とすことができるオイルクレンジングは、この予防にも効果的なのです。






また、しっかり馴染ませるだけでは100%リッチモイストクレンジングオイルの良さを引き出すことはできません。



馴染ませた後は、「乳化」をしっかり行いましょう。





乳化という言葉だとわかりにくいですが、ようは水と油を馴染ませる行程のことを指します。



水をすくったりせずに、手のひらが濡れている程度で十分です。
濡れている手で顔を覆うようにして、リッチモイストクレンジングオイルと水を馴染ませてください。




落としにくい箇所も、この時にしっかり乳化させましょう。

 

(動画で乳化方法もご紹介しております。)




リッチモイストクレンジングオイルはさらっとしているので乳化の段階でオイルっぽさがなくなりさらっとした感じになってきます。

そうなった後に、ぬるま湯でしっかり落としてください。









また、「W洗顔は必要?」といったお問い合わせもいただきます。



PARTIEのリッチモイストクレンジングオイルは、クレンジング残りがほぼなくしっかり洗い流せるのでクレンジング残りを落とす為のW洗顔は不要です。


しかし、そもそもクレンジングと洗顔の役割は異なるので、洗顔を行うことを推奨しております。





また、「まつ毛エクステをつけている場合は使用できるのか?」といったお問い合わせもいただきます。


まつ毛エクステをつけられている方でも問題なく使用できたとのお声をモニター様からもいただいております。

ただ、まつ毛エクステに使用している決着剤のグルーとの相性もございますので、全てのまつ毛エクステが大丈夫ということは言い切れません。

1度エクステを付けられたサロン様へお問い合わせいただくことをご推奨させていただいております。



 

何プッシュ?多めにとって毛穴ケア?


また、顔全体へは何プッシュくらいの使用がいいのか、気になるところですよね。

しっかりポンプを下まで下ろして3〜4プッシュ程度が全顔の目安です。



少し多いかな、と思うくらいの量の方が、顔全体へ馴染ませやすく、メイク馴染みもよくなります。
この使用方法だと、1本で1ヶ月半ほどの使用期間になります。




また、「顔の表面にあるザラザラ角栓ケア」でもご紹介した角栓ケア。




毛穴の汚れケアに使用する際は、これよりももう1プッシュ多めに使用してください。
多めのオイルで摩擦をかけないようにして行なってくださいね。





使うオイルが多ければ多いほどいいという訳ではありませんので、この程度の量を目安に毎日のクレンジングにご使用くださいませ。




ぜひ、PARTIEリッチモイストを美肌維持のお役立てください。






PARTIE リッチモイストクレンジングオイル