カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • クレンジング選びで決め手になるポイントはココ!
クレンジング選びで
決め手になるポイントはココ!





クレンジングを選ぶ際、どのように選んでいますか?
一般的には、クレンジング内のカテゴリーから候補を選ばれることが多い様です。


・オイルクレンジング
・ミルククレンジング
・リキッドクレンジング
・クリームクレンジング
・ウォータークレンジング
・拭き取りクレンジング


などですね。




これらの分類はあくまでメーカー側がしている分類であり、特に共通して決まった基準はありません。
テクスチャーや使用している成分でカテゴリー分けを各メーカーごとしています。




よって、「このメイクなら、このカテゴリーのクレンジングがいい!」とは実は一概には言えないのです。





実は、クレンジング(洗顔料も含め)は大きく2種類に分類することができます。

その分類方法を知っていると、自分のメイクや肌状態に合ったクレンジング選びに大きく役立つのです。



 

クレンジングの種類


クレンジング、洗顔料と、洗浄アイテムを2つ使用している方も多いでしょう。
これは、何故なのか考えたことはありますか?



それは、「落とすもの」が違う為です。




クレンジングはメイク汚れ、洗顔料はメイク以外の汚れをメインに落とす為に作られています。

一般的には洗顔料よりも先にクレンジングを使用するので、クレンジングによって皮脂汚れなども落とすことができるでしょう。




この落とし方の違いで2種類に分けることができるのです。

それが、【溶剤型】【界面活性剤型】です。







 

溶剤型とは


オイルクレンジングや、油分が多く配合されているミルククレンジング、クリームクレンジングなどは溶剤型となります。
(ただし配合成分によってはミルククレンジングやクリームクレンジングでも界面活性剤型に分類されるものがあります。)




溶剤型は、油性成分が汚れを落とすタイプになります。

オイルクレンジングは、配合成分のメインは油性成分になります。油と油は馴染みやすい性質を利用し、メイク汚れ(油汚れ)を浮かして洗い流します。

よって、このタイプはどんな油性成分がメインで使用されているのかが、アイテム選びを行う際に重要となります。



クレンジング時は、肌に負担がかかってしまいがちなのでできるだけ時間をかけずに、また肌に摩擦をかけずに、汚れは落とし潤いは落としすぎないようなアイテムが理想です。



溶剤型はメイクへの馴染みがいいものが多く、時間をかけず、また擦らずにメイクを落とすことができるという特徴があります。





しかし、クレンジングカテゴリーの中では、洗浄力が強いと思われがちです。

溶剤型のクレンジングでもメインの油性成分によって洗浄力やメイクへの馴染み方は大きく変わります。

肌の潤いまで落とすような過度に洗浄力が強いものだと、肌乾燥を招くこともあります。




また、よく溶剤型は界面活性剤型が配合されていないと思われがちですが、クレンジングとして販売されているものには界面活性剤型は配合されています。

油と油を馴染ませただけでは、水で綺麗に洗い流すことができません。水と馴染ませ洗い流しやすくする為の界面活性剤型が配合されています。




 

界面活性剤型とは


リキッドクレンジングや、ウォータークレンジング、拭き取りクレンジング、また洗顔料は界面活性剤型となります。



名前の通り、界面活性剤型が洗浄の主体となります。

オイルが配合されていない、また配合されていても微量のものが多いのが特徴です。



界面活性剤を使用してメイクを落とす場合、きちんと落とすことができないメイクもあります。

また、界面活性剤型は界面活性剤の種類によって洗浄力が変わります。



溶剤型で肌の乾燥を恐れ、界面活性剤型でクレンジングを行うと洗浄力が足りずにメイクが落としきれない場合もでてくるでしょう。

また、メイクに馴染ませて落とすことができるまで溶剤型よりも時間がかかります。

その上、肌を擦らなければ落とすことができないようなテクスチャーのものだと、摩擦によって肌に刺激を与えてしまうこともあるでしょう。




界面活性剤型の場合は、どんな界面活性剤が使用されているのかということが選ぶ際に重要となります。

また、テクスチャーもできるだけ摩擦を起こさずに使うことができるものを選ぶのもポイントです。





クレンジングだけでなく、洗顔料も界面活性剤型の洗浄アイテムとなります。

洗顔料を選ぶ時、界面活性剤型の種類を気にされる方も多くいらっしゃいます。クレンジング場合も、この点をしっかり見るようにしましょう。






 

メイクを落とすのに最適なクレンジングは?


メイクは油汚れになるので、油との馴染みがとてもいいのです。

よって、メイクを落とすのは溶剤型のクレンジングがオススメです。

いくら洗浄力が弱くとも、メイクを落とすのに時間がかかったり、摩擦を起こさなくてはいけないのは肌へ毎日大きな負担を積み重ねているようなものです。




何を落としたいのか?を考えてご自身のクレンジングを選びましょう。

また、溶剤型でも界面活性剤型でも洗浄の主体はなにかをチェックし、その後に他成分を見てどのようなクレンジングなのかを判断しましょう。





PARTIE リッチモイストクレンジングオイル



PARTIEは、溶剤型のクレンジングです。

メインオイルはライスブランオイルで、メイクへの馴染みがいいので、素早く、そして摩擦をかけずにメイクオフできます。

その上、肌の潤いは落としすぎないので、肌乾燥を気にすることなくメイクオフをすることができます。





毎日の積み重ねが肌には現れます。

日々使うアイテムこそ、肌のことを考えて選びましょう。